ワクチンに関する
よくある質問

現場で役立つワクチンに関するQ&A

 インフルエンザ

 日本脳炎

 B型肝炎

 A型肝炎

 4種混合

トップ インフルエンザワクチン

1  インフルエンザワクチンの接種回数と2回接種の場合の接種間隔についての考え方を教えてください。また、接種時期はいつがよいでしょうか?

2  今シーズンのインフルエンザワクチンとワクチンの有効性について教えてください。インフルエンザの予防には、ワクチン接種を毎年継続したほうがよいですか?

3  不活化インフルエンザワクチンの接種にあたり、薬剤(免疫抑制剤や抗がん剤、γ-グロブリン製剤、抗微生物薬など)、他のワクチン、麻酔との関係や注意点について教えてください。

4  小児におけるインフルエンザワクチンの用法・用量と有効性・安全性について教えてください。

5  他のワクチンとの接種間隔はどのように考えたらよいでしょうか?また、同時接種について教えてください。

他にもまだまだ
お役立ち情報公開中!

[ 一覧を見る ]

             

月刊ワクチン情報

国内外の最新情報をわかりやすくお届け

2019年1月号

GVAPアセスメントレポート2018と世界の定期予防接種率

GVAPとGVAPアセスメントレポートについて1) GVAPは、2011年に立ち上げられ、2020年までの10年間の世界の予防接種における目標や目的を提示した計画である。そのビジョンは、「すべての人々や地域がVPD(ワクチンで予防できる疾患)に罹患しない生活を享受すること」とされている。GVAP の進捗状況は毎年、包括的な事務局報告やアセスメントレポートとして報告されており、本報告では最新レポートをまとめた。調査対象年(2017年)の進展状況と課題は以下の通りである。 2017年の進展状況 2017年の課題 *cVDPV: circulating vaccine-derived poliovirus 主要な課題 2017年に発生した麻しんやジフテリアなどのアウトブレイクにより、世界は「得るに難く、失うに易き」を思い知らされた。保健システムが確立された国であっても、継続して注意を払わなければ、国の予防接種制度はたやすく劣化し、政治的、経済的に混乱状態であれば、なおさらである。 麻しんのアウトブレイク:麻しんの排除は、2017年は後退し、2010年以来、半減した麻しんの発生が、2017年には増加し(100万人対罹患者: 19→25)、WHO6地域中4地域で発生がみられた。北米や欧州でのアウトブレイクは、成熟した保健システム下にあっても、麻しんはたやすく感染拡大することが強く印象づけられた。 ポリオの現状:2017年は、野生株ポリオの報告数は減少したが、ポリオ根絶達成は非常に難しい。WHOアフリカ地域では、新たな野生株ポリオ患者は報告されていないが、2018年上半期は、アフガニスタンとパキスタンの国境付近で野生株ポリオの伝播が続いている。同様に、cVDPVの検出が、コンゴ民主共和国、ナイジェリア、シリア、ソマリア、パプアニューギニアで2017年、2018年も続いていることが懸念される1)。 まとめ 2017年は、より多くの人々が予防接種の恩恵を受け、GVAPの目標に未達成の課題は多いが、世界は成し遂げた進展を見失わず、目標達成後も感染症制御は難しいことを心すべきである。 GVAPの10年の最終年は、目標を追求する過程で、予防接種をさらに推し進める機会とし、この10年で得た教訓から、ポスト2020年の戦略を策定する時である。それは、これまでの取り組みを持続させ、予防接種の恩恵を、予防接種を受けることができていない人々や高齢者にも拡大させ、予防接種を受けることができるようにすることである。予防接種における次の段階は、予防接種がユニバーサル・ヘルス・カバレッジ§やプライマリ・ヘルスケアの支柱としての位置を確立さること、また、持続可能な開発目標(SDGs†)で描かれるより安全で、健康で、豊かな世界に貢献するものとなることである1)。 §ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ: 全ての人が適切な予防、治療、リハビリ等の保健医療サービスを、支払い可能な費用で受けられる状態。 †SDGs: sustainable development goals 文献3)より作図 GVAPでは、2020年までに、各国のすべての定期接種ワクチンの接種率を90%以上にすることを目標に掲げている3)。 文献 WHO: 2018 Assessment report of the Global Vaccine Action Plan. 2018. WHO WPR: Meeting Report. Sixth annual meeting of the regional verification commission for measles elimination in the western pacific. Sep. 2017. CDC: MMWR. 67(45): 1261-1264, 2018.

バックナンバー

2018年12月号     

米国のインフルエンザワクチン接種事情

2018年11月号     

東京オリンピック・パラリンピック開催と感染症対策

2018年10月号     

2017/18シーズンの北半球のインフルエンザ流行解析と2018/19シーズンのインフルエンザワクチンについて

2018年9月号     

排除時代における麻しん対策の課題

2018年8月号     

侵襲性髄膜炎菌感染症と髄膜炎菌ワクチンに関する最新情報

[ 一覧を見る ]

Hot Topics

ワクチン - 予防接種関連情報

2019年1月17日

米国ACIP:A型肝炎ワクチンの使用に関する勧告の更新

2018年12月26日

百日咳患者報告の疫学と百日咳対策(続報)-2018年第1週~第39週-

前のトピックス

2018年12月12日     

米国における流行性耳下腺炎のアウトブレイク―2016~2018年

2018年11月21日     

インフルエンザ発生動向調査に関する変更

2018年11月7日     

世界における「ポリオウイルス封じ込め」活動の進展―2017-2018年

2018年10月24日     

世界の予防接種率―2017年

[ 一覧を見る ]